南国リゾートへの海外旅行は、南の島の専門店メルシーツアーへおまかせください。
メルシーツアーでタヒチ旅行(ランギロア)
 メルシートップ > お客様の声TOP
 

お客様の声

1.タヒチ編

1−28.タヒチ・ヒルトンボラボラ モツタプ無人島ウェディング&ハネムーン

4月14日〜21日まで挙式&新婚旅行でお世話になりました。メルシーさんは前回もランギロアダイビング旅行でお世話になりました。滞在中は天候にも恵まれ、ほんとうに素晴らしい旅行になりました。

1日目
到着日は、飛行機疲れで、ホテルのお部屋についてすぐにごろん!と昼まで寝てしまいました。お部屋はメルシーさんの方で、サンセットの眺めのよい水上コテージを押さえていただいていました(ありがとうございます!)。水上コテージは広くて、コテージから目の前(というか真下)の海にはきれいなお魚さんが泳いでいて、とっても優雅な気分で滞在できました。夕方にスノーケルなどして、のんびり過ごしました。

水上コテージ

2日目
この日に挙式をしました♪
今回の旅行に来る前がバタバタしていて、なんと!当日の朝に、ウエディングドレスの背中を編み上げるヒモを持ってきていないことに気づきました!!!どうしよう!お式ができないかも!と一次は顔面蒼白になりましたが、ヒルトンボラボラの日本人スタッフの方が、ラッピング用のヒモで代用できないかと持ってきてくださり、衣装の色とばっちり合ったのでなんとか無事にドレスを着ることができました。セレモニーの間はずっと日本人ホテルスタッフのかたがお二人ついていてくださり、いろいろとお気遣いいただき、安心して式を迎えることが出来ました。
もともとダイビングが趣味で、海が好きで、なおかつ教会ではないのがいいなーと思っていたので、無人島でのポリネシアンウエディングを選択しましたが、白い砂浜、青い海・青い空の中で、生演奏があって、踊りを踊ったり、神父さんは派手派手だったり、とっても楽しいお式になりました。
オプションのフォトサービス写真を、奮発して一番枚数の多い100ショットでお願いしましたが、現地のカメラマンさん大奮発して200枚も撮っていただきました。カメラマンも・神父さんも日本人慣れしていて、所々、「手をつないでクダサーイ」「見つめ合ってクダサーイ」など日本語で話してくれました。写真は、素人にはまねできない素敵な出来上りで、プロにお願いしてよかったー!です。

ビーチウェディング

3日目
 セレモニーの翌日はダイビングに行きました。でっかいレモンシャークやマンタに会え、大満足♪ダイビング後は、バイタペまで行きランチをしました。ホテルのお料理はとってもおいしくて(特にスイーツが最高です。ケーキ・マカロンは日本でその辺でいただくものよりおいしいです)、南の島でこんな素敵な食事ができるなんて他にないよねーと、とても贅沢な気分でしたが、やはり日本人なので、たまには他の物も食べたくなりますよね、、、という訳でバイタペでイタリアンにしました。バイタペでいろいろ散策してみたかったのですが、あまりにも暑くて、バイタペの港近くのスーパーとカフェとお土産やさんに行っただけで終わりました。
夜はホテルのフラダンスショーがありました。タヒチアンのフラは激しかった☆

タヒチ 海の中

4日目
 この日は、ホテルの無料オプショナルツアーで再度、セレモニーをしたモツタプへ行き島の周りをスノーケルで遊んだり、ビーチでごろごろしたりしました。

5日目
 タヒチ本島へ移動する日。たくさんの思い出とともにボラボラを離れ、パペーテへ。
パペーテでは、空港からホテルへ移動する間のバスの中で、現地の旅行代理店スタッフのかたに、おすすめのレストランを教えていただき、お昼はそこでいただきました。マルシェやショッピングセンターでお土産を買ったりして、夜はルロットで中華にしました。ホテルへ戻ると、ラッキーなことにこちらでもフラダンスショーをやっていました。ボラボラでみた踊りとは、全然違くてびっくり。タヒチかなり激しいです。

フラダンスショー

6日目
 日本に帰りたくないけど帰る日。
 ほんとうに素敵な思い出を作ることができました。お世話になりました。また違う島にも行ってみたいし、何年か後にまたヒルトンモツタプへ行って、ここでウェディングセレモニーしたねぇ、という旅をしたいです♪

平成24年4月

見積依頼 会社案内 プライバシーポリシー・ご利用規約 おすすめリンク お申込みからご出発までの流れの説明 メルシーツアーで旅行されたお客様の旅行記(体験談) お客様から寄せられる疑問・質問をまとめました メール
Copyright (c) 2006 Merci Tour, All rights reserved.